海外の仮想通貨FXで資産1億円を目指す!

ビットコインの現物買いとビットコインFX取引〜どちらがお得なのか?

 

ビットコインがこれだけ上昇してきますと、再度エントリーして売買してみたくなる個人投資家は非常に多くなってきていると思われます。

 

しかしその場合に現物取引をするのとビットコインFX・つまり仮想通貨FXの証拠金取引をするのとどちらが効率的でお得なのかということは結構悩むポイントではないでしょうか?

 

 

とにかく長期に保有するなら現物買いが一番

 

現物か仮想通貨FXかの選択を考える際にもっとも重要になるのは、どのぐらいの期間保有を続けるのかということが一つの判断視点になります。

 

たとえば1BTC30万で仕入れて延々と保有し上げても下げてもとにかく保有しつづけて再び200万になるのを目指すといった投資をお考えならば、迷わず現物による買いを検討されることがお勧めとなります。

 

もともとビットコインは極めて投機的な商品ですから買って価格が上昇するのを待つというのはお金もかからないかなりオーソドックスな手法といえます。

 

ただし長い期間塩漬けにしておくということは資金の効率的な運用からは程遠いものになる可能性は否めず、資金効率という点で本当にそうした取引をすることで構わないのかどうかについてはよく考える必要があることは言うまでもありません。

 

また現物の場合は保有ビットコインを売ることはできても空売りができませんからとにかく買い向かうことしか市場に参加する方法はなく、かなり限られた投資手法になることも理解しておく必要があります。

 

 

売り買いどちらからでも入れるのがビットコインFX

 

それに比べてビットコインFXは資金に一定のレバレッジをかけることで現物売買yよりもはるかに大きな取引をすることができるのが大きな魅力となります。

 

とくにトレンドが出ているようなときには短期間でレバレッジをかけることで大きな利益を確保することができるのが特徴といえます。

 

また証拠金取引は買いだけでなく売りからも市場に参入することが可能となりますから現物取引よりもはるかに売買チャンスに恵まれる可能性が高くなるといえます。

 

ただし、このビットコインFXは仮想通貨FX全般に言えることですが、保有していますと買っても売っても一定のコストがかかることになりますので長期保有には正直なところ向かないのが大きなデメリットとなります。

 

またレバレッジをかけることから含み損を抱えだすと非常に大きな損害となるリスクがあり、適切に損切することで証拠金を守れる取引ができるかどうかも大きな利益獲得の分かれ目になることは意識しておく必要があります。

 

いずれにしても最初から絶対に儲かる取引などというものは存在するわけではありませんから、とにかく証拠金を減らさない取引姿勢を維持することがきわめて重要です。

 

この違いをよく理解していれば現物取引でも証拠金取引でも利益にありつく可能性は高くなるとえます。