海外の仮想通貨FXで資産1億円を目指す!

なぜビットコインETFは認められないのか

 

米国ではビットコインETFの上昇がなかなか認められず、ここのところ何度もその判断が延期される事態が続いています。

 

なぜビットコインETFは簡単に認められ上場することができないのでしょうか。

 

 

ビットコインETFが登場すれば確実に市場は拡大

 

ETFとはExchange Traded Fundの略号であり、日本では日銀がやたらと日経平均やTOPICSのETFを買うことからその名前の知名度は結構高くなっています。

 

このETFは取引所で取引される投資信託のことをいい、通常の株式と同様に市場でいつでも売買することができるうえ、信用取引も可能となります。

 

またその価格は取引所での需給で決定されることになるのが特徴となります。

 

ビットコインのみならず仮想通貨でETFが登場すれば、足元の取引所で売買が価格がばらつくことも是正されますし、なによりファンドや機関投資家なども断然資金を投入しやすくなりますから、仮想通貨の市場自体が大きくなることは間違いありません。

 

国内におけるETFでいいますと申告分離課税が適用されますから、既存の仮想通貨の現物取引や仮想通貨FXの利益の総合課税に比べますと特定の所得層ではかなり税金が安くなることも期待できるわけです。

 

 

延々認められないのには理由がある

 

これだけETFのメリットを目の当たりにしますとなぜ認められないのかが不思議に思われますが、SEC・米国証券取引委員会はその上昇申請の結論を先延ばしにしているのが現状で、SECが認めない以上日本で先行してこうした商品の上場が認められう可能性はきわめて低くなっているのが現状です。

 

これが認められない最大の理由は、値動きがあまりにも大きいことから資産保全がきわめて難しいことがあげららています。

 

たしかに株式でも猛烈な上下に陥る銘柄もあるわけですが200万が40万になるといったことは日常的には起きないもので、仮想通貨は銘柄によらず常態的にこうした状況を示現することをSECが嫌気していることはどうも間違いないようです。

 

ただ、シカゴのCBOEはすてにBTCの先物が上場していますし、全く可能性のないものではなくなっているのです。

 

とにもかくにもビットコインの市場あ大きくなるためにはまずETFの上場が各国の市場で認められることが必要不可欠です。これが実現したとき仮想通貨市場はかなり新しいステージへとシフトすることが期待できるようになります。